枯れてもなお美しい

枯れたら枯れたで美しい

陰があって品が感じられて

最期を自分で決められるのなら

どんなに幸せなんだろうと

脳の傷が思ったよりも長引いて

落胆する前に花をください

乾いたところで流しこむ

たくさんの水よりも

ずっと潤っていてと

毎日少しずつの水をください

ずっと笑顔でいるよりも

たまに見せる少しの笑顔と

​どこか悪そうな瞳に、

 

見せびらかして、花